2019年03月一覧

映画『桐島、部活やめるってよ』あらすじ、作品情報

あらすじ

バレー部のキャプテン桐島が部活を辞めるという報せが学校中に広がり
梨沙や、親友・宏樹すら相談されていなかったため、誰もその理由がわからなかった
宏樹は何事にも情熱を傾けることができず野球部での練習もサボるようになっており、彼女がいるものの恋愛にも夢中になれないでいた。
友達と別れた宏樹は一人野球の練習をする野球部部長に遭遇する。
宏樹は野球部部長へ、3年なのに引退せず練習を続けている理由を聞く。
野球部部長は「スカウトは来ていないけれど、ドラフトが終わるまでは続ける」と言って笑い、宏樹へまた野球部へ顔を出すように誘う。
彼女がいる事を知りつつ宏樹に片思いをする吹奏楽部の亜矢は、宏樹がバスケをする姿を見ながらサックスの練習するのが日課だった。
しかし宏樹がバスケもやめてしまった事で、亜矢は宏樹の姿を追って練習場所を点々と変えるようになる。
部長として部員たちを纏めていかなければならない事はわかっているが、どうしても宏樹を追ってしまう。
そして亜矢が宏樹を追いかけている事を知った宏樹の彼女・沙奈は、亜矢の目の前で見せつけるように宏樹とキスを交わす。
そのことで気持ちを振り切った亜矢は、吹奏楽の練習へ打ち込むようになる。
バトミントン部の実果は死んだ姉と比べて何をやっても上手くいかない自分を嫌っていた。
友人である梨沙や沙奈、同じバトミントン部のかすみへもその心を開かない実果だが、桐島にかわってバレー部レギュラーに採用された風助の練習風景に出くわす。
自分の実力と才能不足をはっきり認めて、悔しがりながらも必死で練習する風助の姿に自分を重ねた実果は、風助へほのかな思いを抱くようになる。
風助は試合に出て奮闘するも、結果は敗北。しかし実果は自分を見つめ直し、頑張っていく決意を固めていく。
そして桐島が学校へ来たと聞いて走り出そうとした風助を、実果は「行かなくて良い」と思わず呼び止めてしまう。
映画部の前田は、そんな周囲の騒ぎのことなど露知らず、仲間と共にゾンビ映画の撮影へ熱心に取り組んでいた。
しかし顧問はゾンビにリアリティはないと乗り気ではないし、毎回遭遇する亜矢が撮影現場で練習を粘るため、なかなか上手くいかない。
そんな前田が片思いしている相手が、かすみだった。
たまたま映画館で出会ったことでかすみと会話を交わして喜ぶ前田だったが、かすみが竜汰と付き合っている事を知ってしまう。
かすみは苛立っている梨沙や、さらに悩んでいる実果を思って、周囲へ秘密にしていたのだ。さらに前田は、顧問から一方的にゾンビ映画の撮影を禁止されてしまう。
苛立ちながらゲリラ撮影を続ける前田は、またも撮影場所に現れた亜矢へ思わず感情をぶつけてしまうが、彼女が「今日で最後だから」と言う気持ちを汲んで先に屋上での撮影を行うことにする。

映画『桐島、部活やめるってよ』予告編

登場人物

菊池 宏樹(きくち ひろき)

小泉 風助(こいずみ ふうすけ)

沢島 亜矢(さわじま あや)

前田 涼也(まえだ りょうや)

宮部 実果(みやべ みか)

東原 かすみ(ひがしはら かすみ)

桐島(きりしま)

竜汰(りゅうた)

孝介(こうすけ)

日野(ひの)

詩織(しおり)

志乃(しの)

武文(たけふみ)

梨紗(りさ)

沙奈(さな)

絵理香(えりか)

作品情報

タイトル:桐島、部活やめるってよ

製作年度:2012年

上映時間:103分

製作国:日本

ジャンル:青春、ドラマ

監督:吉田大八

原作:朝井リョウ

脚本:喜安浩平、吉田大八

音楽:近藤達郎