映画一覧

映画『ラストサムライ』あらすじ、作品情報

あらすじ

長く深い伝統の空気を打ち破る幕末の近代化が始まりだした。
建国以来の剣を信じるものと、新たな洋式鉄砲と軍隊に希望をかけるものの思いに、日本という国は分断
南北戦争時代のアメリカ。
北軍の士官として参軍したネイサン・オールグレン大尉は、南軍やインディアンと戦う。
オールグレンは、トラウマとなった戦場での体験から逃れる
日本の実業家にして大臣の大村はバグリー大佐を介し、お雇い外国人として「戦場の英雄」を軍隊の教授職として雇い
日本は明治維新が成り、近代国家建設のために急速な近代的軍備の増強が必須
僚友ガントとともに日本に行き、軍隊の訓練を指揮
不平士族の領袖である勝元が鉄道を襲ったという報
隊の練度は低く、サムライたちの勢いに呑まれた部隊はバラバラになり、ガントは落命、オールグレンは勝元らに捕えられる。
オールグレンは彼ら反乱軍=サムライたちの精神世界に魅せられる
勝元の息子である信忠の村での生活を深めるにつれ、オールグレンは村の人々に急速に心を開いていく
訓練と談笑と生活の中でオールグレンは心の中に静けさを取り戻し、サムライの村での生活に神聖なものを感じ
氏尾との剣合わせで、はじめて引き分ける
村の祭りが行われ、ふだんは怖く厳しい村の首領・勝元が道化を演じる舞台を見て皆が笑いあっているスキを狙って、大村が差し向けたとおぼしき間諜が密かに村に近づき、襲撃
オールグレンと勝元・村人は心を一にして間諜と戦い、ついにオールグレンは村人と味方
春を迎えて雪が溶け道が開いた頃、政府に呼び出されて勝元一行は東京へ
疑いと警戒の目で一団の行進を見つめる大村。
一行の中にオールグレンが居ることを見つけて、ほっと笑顔をもらす通訳・写真家・著述家のグレアム。
東京でオールグレンが見たものは、すでに立派に訓練され、軍備も充実した政府軍の姿
街に出たオールグレンは、銃を掲げ不遜な態度で振る舞う軍人が、信忠の剣を奪い、髷を切り落とす場面に出くわす。
、廃刀令にしたがって刀を捨てるよう大村に迫られ
勝元は判断を明治天皇に仰ぐが、天皇は気弱さから目をそむけてしまう。
オールグレンは、大村の不平士族討伐軍の指揮官就任の申し出を断り、日本での職・役割を終わらせアメリカへ帰ろうとする。
が、大村の差し向けた刺客に襲われる。その後、信忠ら村の一軍やグレアムと共に謹慎先の勝元を脱出させる。
勝元一行は村へ帰還できたものの、殿を務めた信忠は警備兵に撃たれ、帰らぬ人となる。
もはや、政府軍と勝元達反乱軍との対決は免れぬものとなった。
意を決したオールグレンは反乱軍の一員として、大村とバグリー大佐率いる政府軍に一矢報いる事を決めた。
反乱軍は兵力を上回り、榴弾砲まで装備した政府軍を相手に勇敢に闘う。
最後の騎馬による突撃でバグリー大佐を討ち取るも、回転式機関銃ガトリング砲により阻止され、オールグレンと勝元を除き反乱軍は全員戦死。
傷ついた勝元は、信頼するオールグレンにとどめを刺すよう頼み、今際の際にオールグレンの背後に咲く桜を見ながら、「すべてパーフェクトだ」という言葉を遺して、こと切れた。
反乱軍はオールグレン一人を残し全滅した。
しかし、この闘いは決して無駄ではなかった。
政府軍の兵士たちは勝元の死に様に涙し、敬意を表し跪いて頭を垂れたのである。
維新以降、失われて久しかった「武士道精神」を、軍人たちが取り戻した瞬間であった。
生き残ったオールグレンは明治天皇に拝謁。そこで勝元の生きざまを語り、遺刀を渡す。それは日本が真に近代国家に生まれ変わるための、勝元からのメッセージであった。

キャスト

ネイサン・オールグレン大尉 – トム・クルーズ
勝元盛次 – 渡辺謙
氏尾 – 真田広之
たか – 小雪
信忠 – 小山田真
サイモン・グレアム – ティモシー・スポール
ゼブロン・ガント軍曹 – ビリー・コノリー
大村松江 – 原田眞人
飛源 – 池松壮亮
明治天皇 – 中村七之助
ベンジャミン・バグリー大佐 – トニー・ゴールドウィン
寡黙なサムライ(ボブ) – 福本清三
中尾 – 菅田俊
孫次郎 – 湊葵
長谷川大将 – 伊川東吾
スワンベック大使 – スコット・ウィルソン
ウィンチェスター宣伝員 – ウィリアム・アザートン
政府軍指揮官 – 二階堂智
侍 – 高良隆志

作品情報

タイトル:ラスト サムライ
原題:THE LAST SAMURAI
製作年度:2003年
上映時間:154分
製作国:アメリカ
ジャンル:ドラマ、アドベンチャー
監督:エドワード・ズウィック
製作総指揮:テッド・フィールド、チャールズ・マルヴェヒル、リチャード・ソロモン、ヴィンセント・ウォード
脚本:ジョン・ローガン、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ
音楽:ハンス・ジマー


映画『プラダを着た悪魔』あらすじ・作品情報

あらすじ

名門ブラウン大学を卒業し、ジャーナリストを目指すために田舎からニューヨークへとやってきたアンドレア・サックスは、仕事・ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職
編集長でファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、ミランダ・プリーストリーのアシスタント職
ミランダは自分の身の回りの世話をアシスタントに押し付ける
横暴を発揮する最悪の上司
今までに何人もがこの仕事を辞めていた
彼女本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、彼女の悪魔のような要求に耐えていく。

登場人物

ミランダ・プリーストリー/演:メリル・ストリープ
アンドレア・サックス/演:アン・ハサウェイ
エミリー・チャールトン/演:エミリー・ブラント
ナイジェル/演:スタンリー・トゥッチ
ネイト/演:エイドリアン・グレニアー
クリスチャン・トンプソン/演:サイモン・ベイカー
リリー/演:トレイシー・トムズ
ダグ/演:リッチ・ソマー

作品情報

タイトル:プラダを着た悪魔
原題:THE DEVIL WEARS PRADA
製作年度:2006年
上映時間:110分
製作国:アメリカ
ジャンル:コメディ、ドラマ、ロマンス
監督:デヴィッド・フランケル
製作総指揮:ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr、カーラ・ハッケン、カレン・ローゼンフェルト
原作:ローレン・ワイズバーガー
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ
音楽:セオドア・シャピロ


映画『タイタニック』あらすじ、作品情報

あらすじ

トレジャー・ハンターのブロック・ロベットらはタイタニックと共に沈んだとされる最高峰のダイアモンド・「碧洋のハート」の在り処を探る
1等客室の部屋から一つの金庫を発見
中にあったのは紙切れだった。
その紙切れを綺麗に洗い直すと裸体の女性が浮かび上がり、その胸には「碧洋のハート」らしきダイヤを身に着けていた
この一枚の絵画の発見をブロックはテレビで堂々と報じ、その放送を見たある老女は驚きを隠せずにはいられなかった。
今では100歳を超えるその絵のモデルだった。
1912年4月10日、イギリスのサウサンプトン港からタイタニックはニューヨークへと向けた処女航海へと出発
ローズ・デウィット・ブケイターは、その婚約者のキャルドン・ホックリーと未亡人となった母と共にタイタニックへと乗船するが、半ば強制された婚約に気分は晴れないでいた。
ブケイター家は破産寸前で母親がホックリー家の財産を目当てにした結婚を強制したのである。
ジャック・ドーソンは、出港直前にポーカーで船のチケットを手に入れ、友人のイタリア青年ファブリッツィオと共にタイタニックに乗船
画家志望のジャックは、政略結婚のためにアメリカに向かうイギリスの上流階級の娘ローズと運命的な出会いを果たし、2人は身分や境遇をも越えて互いに惹かれ合う。
見張員から直進すると氷山に衝突すると報告を受け、当直士官のマードック一等航海士は、衝突を回避することは出来ず、タイタニックは氷山の横を擦るように衝突してしまう。
女子供の救助が優先されるが、ローズは取り残されたジャックを探そうと船に残り逃げ遅れてしまう。
多くの乗客を残したまま船は大きく傾いた状態で沈み始め、甲板の先端に逃げ延びていたジャックたちは手すりに決死の覚悟で捕まり、重量に耐え切れず沈んでいくタイタニックと共に海中へ落ちていく。
ローズを瓦礫の上に乗せ、自分はそれに捕まり極寒の海中に浸かっていたジャックは、冷たい水に体力を奪われて力尽きてしまう。
ジャックとの約束を守り生き残るべく、生きる気力を振り絞ってローズは警笛を鳴らして自分の居場所を知らせ、救援を経て一命をとりとめる。
助けられたローズは、「ローズ・ドーソン」とジャックの性を名乗り、ジャックの名前と共に生きてきたことを明かす。
全てを語り終えたローズは、こっそりと隠し持っていた碧洋のハートを海に捨ててしまう。そして、心の中でジャックとの再会を思い描きながら静かに床に就くのであった。

登場人物

ジャック・ドーソン Jack Dawson:レオナルド・ディカプリオ
ローズ・デウィット・ブケイター Rose Dewitt Bukater:ケイト・ウィンスレット
キャルドン・ホックリー Caledon Hockley:ビリー・ゼイン
スパイサー・ラブジョイ Spicer Lovejoy:デビッド・ワーナー
ルース・デウィット・ブケイター Ruth Dewitt Bukater:フランシス・フィッシャー
ファブリッツィオ・デ・ロッシ Fabrizio De Rossi:ダニー・ヌッチ
トーマス・”トミー”・ライアン Thomas “Tommy” Ryan:ジェイソン・ベリー
トゥルーディ・ボルト Trudy Bolt:エイミー・ガイバ
ブロック・ロベット Brock Lovett:ビル・パクストン
Mrs.カルバート Rose Dawson Calvert:グロリア・スチュアート
リジー・カルバート Lizzy Calvert:スージー・エイミス
ルイス・ボーディーン Lewis Bodine:ルイス・アバナシー
マーガレット・“モリー”・ブラウン Margaret “Molly” Brown:キャシー・ベイツ
E・J・スミス船長 Captain E・J Smith:バーナード・ヒル
ブルース・イズメイ Bruce Ismay:ジョナサン・ハイド
トーマス・アンドリュース Thomas Andrews:ヴィクター・ガーバー
航海士長 ワイルド Chief Officer Wilde:マーク・リンゼイ・チャップマン
一等航海士 マードック 1st Officer Murdoch:ユアン・スチュワート
二等航海士 ライトラー 2nd Officer Lightoller:ジョニーフィリップス
ジョン・ジェイコブ・アスター大佐 John Jacob Astor:エリック・ブレーデン
ベンジャミン・グッゲンハイム Benjamin Guggenheim:マイケル・エンサイン
ウォレス・ハートリー Wallace Henry Hartley:ジョナサン・エヴァンス=ジョーンズ
イジドー・ストラウス Isidor Straus:ルー・ポルター
チャールズ・ジョーヒンCharles Joughin:リアム・タオイー

作品情報

タイトル
タイタニック
原題
TITANIC
製作年度
1997年
上映時間
189分
製作国
アメリカ
ジャンル
ドラマ
ロマンス
監督
ジェームズ・キャメロン
製作総指揮
レイ・サンキーニ
脚本
ジェームズ・キャメロン
音楽
ジェームズ・ホーナー