MASAKAZU一覧

映画『リメンバー・ミー』あらすじ・作品情報

あらすじ

遠い昔、メキシコのサンタ・セシリア出身のある男が、音楽家になる夢を追いかけて家族を捨てる。残されたその妻ママ・イメルダは音楽を嫌うようになり、家庭に「音楽禁止の掟」を立て、習得した製靴で一人娘のママ・ココを育てる。製靴業は掟と共に代々引き継がれ、リヴェラ一族は靴屋として繁栄する。当のココは存命ながらも認知が衰えつつあり、遙か昔に逝去した父のことばかり言っていた。そのひ孫で12歳のミゲル・リヴェラは他の家族と同様、靴屋を継ぐことを期待され、音楽は聴くことすらも禁じられていたが、密かにミュージシャンを志していた。

彼が信奉するエルネスト・デラクルスは同郷の伝説的ミュージシャンで、『リメンバー・ミー』など誰もが知るヒット曲を連発するも、1942年にステージ上で曲を披露している最中に事故で亡くなった。

ミゲルは家族に隠れて屋根裏に彼のグッズを並べ、自作のギターで彼の曲を弾いていた。そして年に1度、他界した先祖が家族に会いにやって来るという「死者の日」、リヴェラ家でも先祖を迎える準備をしていた。自宅の祭壇には先祖の写真が飾られ、その中には幼き頃のココが入った家族写真もあったが、家族を捨てたという父の顔の部分は破られていた。そこでミゲルはその高祖父が持つギターがデラクルスのものと同じであることに気付き、高祖父はデラクルスだと推測する。

これに沸き立った彼はその写真を持ち出し、街の音楽コンテストで自分の演奏を披露しようと決心するが、それを発見した祖母エレナにギターを破壊される。諦めきれないミゲルは家を飛び出し、ギターを調達すべくデラクルスの霊廟に忍び込み、彼のギターを手にする。

ところがそのギターを弾いた瞬間から、死者が骸骨の姿で見えるようになり、逆に生者からは自分が見えなくなってしまう上に触れることも出来なくなってしまう。ミゲルはその場に居合わせたリヴェラ家の先祖達と共に死者の国へ行き、なぜか生者の国へ行けずにいた高祖母のイメルダに解決策を請うと、「死者の日に死者の物を盗んだ生者は死者の国に飛ばされる」「生者が死者の国で日の出を迎えると帰れなくなる」「生者の国の祭壇に写真が飾られていない者は死者の国から出られない」といった掟を伝えられる。

そして、生者が死者の国から帰るには、先祖に許しをもらうだけでいいという。イメルダはミゲルに写真を祭壇に戻すよう告げ、許しを与えようとするが、「二度と音楽をしない」という条件を付けたため、ミゲルは代わりにデラクルスに許しをもらおうとその場から逃げ出す。すると、自分をデラクルスの友達だと言い張る男ヘクターと出くわす。

彼はまだ存命の娘に会いたいと願っていたが、誰も彼の写真を飾っておらず生者の国に行けずにいた。ミゲルの話を聞いたヘクターは自分の写真を彼に渡し、デラクルスへの対面を手伝う代わりに生者の国で自分の写真を飾るよう頼む。死者の国でも開催されている音楽コンテストで優勝すれば、デラクルスの豪邸で執り行われるパーティーに招待されると知った彼らは、手始めにヘクターの友人にギターを借りに行くが、そこで、生者の国で誰からも忘れられると死者の国からも消滅してしまうという「二度目の死」を目にする。ミゲルは、寂しく消滅してしまったヘクターの友人が遺したギターを手に、コンサートで『ウン・ポコ・ロコ』をなんとか最後まで演奏し、大喝采を浴びるが、リヴェラ一族がコンサート会場にミゲルを捜しに来たため、表彰式を待たず逃げ出す。更にミゲルは些事でヘクターと喧嘩をし、単独行動を取る。当てもなくデラクルスのパーティー会場に来たミゲルは、コンテストで優勝したバンドの手助けで会場に忍び込み、遂にデラクルスと対面する。

彼も自分の玄孫に会えたことを喜び、ミゲルに許しを与えようとする。その時、2人の前にヘクターが現れ、ある真実が明かされる。ヘクターは生前、デラクルスと共に音楽活動をし、そこで作詞作曲をして旅をしていたが、ヘクターがこれをやめて家族が待つ故郷へ帰ろうとすると、デラクルスは彼を毒殺し、その後は彼が遺したギターや、娘のために書いた『リメンバー・ミー』など数々の曲を自分のものと偽って活動していたのである。

デラクルスは生者の国でこれが明かされないようミゲルが持っていたヘクターの写真を奪い、2人を町外れの地下洞窟に落とす。ヘクターが絶望の中、思い出として語った娘の名は「ココ」。即ち、ミゲルの本当の高祖父はデラクルスではなくヘクターであったのである。

ヘクターが生者の国に行こうと必死だったのも、ココが父を忘れかけており、ヘクターに二度目の死が近付いていたからであった。そこへミゲルを捜していたイメルダが空飛ぶアレブリヘ[注 2]に乗って現れ、彼らを助け出す。ヘクターが家族を捨てたわけではなかったことと再び家族の元へと帰ろうとしていたことなど、全ての事情を知ったリヴェラ一族は、ヘクターの写真を取り返すべくデラクルスのコンサート会場へ乗り込む。

ステージ裏で乱闘になり、写真は失われてしまうが、デラクルスがその場で語った真実はリヴェラ一族の1人が観客席に繋いだカメラによって暴露され、デラクルスは途端に非難の的となる。そして、巨大なアレブリヘによって会場の外へと追いやられ、デラクルスは自身が死んだときと同じ様に鐘に押し潰された。ヘクターは、日の出と二度目の死が近付く中、自身の消滅より子孫のミゲルの命を優先し無条件で許し、生者の国へ送り返す。

生者の国へと戻ったミゲルは、ヘクターの消滅を防ぐため、急いでココの元へ行き、エレナや家族の制止を振り切って、ヘクターが作った曲である『リメンバー・ミー』を演奏する。するとココはたちまち父であるヘクターのことを思い出し、大切に保管していた家族写真の破られたヘクターの顔の部分の切れ端を取り出す。ココはヘクターが生前家族に送った手紙や楽譜なども大切に保管しており、これが後に人々にデラクルスの悪行を知ることとなる。

これにより、ヘクターの功績は一気に世間へと知られることとなり、生前の悪事が暴かれたデラクルスの霊廟には「忘れてやる」という看板が立て掛けられ封鎖された。翌年の死者の日、祭壇には破られた部分を修復したヘクター、イメルダ、ココの家族写真に加えて新しくココの写真も並び、ココは死者の国で長年離れ離れだった両親と再会を果たしており、生者と死者が揃ったリヴェラ一族の前で、ミゲルとヘクターはギターを手に歌を披露した。

キャスト

アンソニー・ゴンサレス:ミゲル
ガエル・ガルシア・ベルナル:ヘクター
ベンジャミン・ブラット:エルネスト・デラクルス
アラナ・ユーバック:イメルダ
レニー・ヴィクター:エレナ
ハイメ・カミル:パパ
アナ・オフェリア・ムルギア:ココ
ナタリア・コルドバ=バックリー:フリーダ・カーロ
ソフィア・エスピノーサ:ママ

作品情報

タイトル:リメンバー・ミー
原題:COCO
製作年度:2017年
上映時間:105分
製作国:アメリカ
ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー、アニメ
監督:リー・アンクリッチ
製作総指揮:ジョン・ラセター
脚本:エイドリアン・モリーナ、マシュー・オルドリッチ
音楽:マイケル・ジアッキノ


映画『ディスコネクト』作品情報

あらすじ

彼には友人がいないが、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを通じて、彼の楽曲に興味を持つジェシカと知り合う。

ベン・ボイド(ジョナ・ボボ)は、音楽好きの少年

学校中の噂になっていることを知って絶望したベンは、自宅の部屋で自殺を図る。直後に姉のアビー(ヘイリー・ラム)が発見するが、病院に運び込まれたベンは全く意識を取り戻さない。

彼は女性の求めに応じて裸の写真を送る。ジェシカを名乗っていた男子同級生のジェイソン・ディクソンは、ベンの写真を学校中に広める。

ベンの父親で弁護士のリッチ(ジェイソン・ベイトマン)は、ベンのSNSの相手がジェイソンであったことを突き止め、ジェイソンの家にやって来る。ジェイソンの父親であるマイク(フランク・グリロ)は、息子を守るため、リッチの前に立ちはだかる。

登場人物

カイル

アダルトチャットでお金を稼ぐ少年。不良少年たちばかりを集めた集団に所属している。ニーナに更生するよう説得される。

デレック・ハル

元海兵隊。まだ子どもが幼い時に亡くし、その事実に向き合うことができず妻シンディとの仲がギクシャクしている。

ベン・ボイド

学校に友達がいない内気な少年。趣味で作った曲をネットに公開している。些細なことからいじめの対象になり、自殺に追い込まれる。

マイク・ディクソン

ジェイソンの父親。元刑事。妻が亡くなったのを期に警察を辞め、故人でサーバー犯罪の相談を受けるようになる。

シンディ・ハル

デレックの妻。子どもを亡くした悲しみをデレックに話したいが聞いてもらえず、チャットで相談している。向き合ってくれない夫との関係を思い悩む。

ジェイソン・ディクソン

目が合ったというだけでジョナをいじめることになる。SNSで『ジェシカ』という女の子になりすまし、ジョナを自殺へと追い詰めていく。

ニーナ・ダナン

ニュース番組のリポーター。アダルトチャットの問題に目をつけ、カイルにインタビューを試みる。

リッチ・ボイド

ジョナな父親。弁護士として忙しくしており、家族との交流も少ない。ジョナに起こった事件の真相を探る。

作品情報

タイトル:ディス/コネクト

原題:DISCONNECT

製作年度:2012年

上映時間:115分

製作国:アメリカ

ジャンル:ドラマ

監督:ヘンリー=アレックス・ルビン

製作総指揮:マーク・フォースター、ブラッド・シンプソン、スコット・ファーガソン

脚本:アンドリュー・スターン

音楽:マックス・リヒター


映画『ラストサムライ』あらすじ、作品情報

あらすじ

長く深い伝統の空気を打ち破る幕末の近代化が始まりだした。
建国以来の剣を信じるものと、新たな洋式鉄砲と軍隊に希望をかけるものの思いに、日本という国は分断
南北戦争時代のアメリカ。
北軍の士官として参軍したネイサン・オールグレン大尉は、南軍やインディアンと戦う。
オールグレンは、トラウマとなった戦場での体験から逃れる
日本の実業家にして大臣の大村はバグリー大佐を介し、お雇い外国人として「戦場の英雄」を軍隊の教授職として雇い
日本は明治維新が成り、近代国家建設のために急速な近代的軍備の増強が必須
僚友ガントとともに日本に行き、軍隊の訓練を指揮
不平士族の領袖である勝元が鉄道を襲ったという報
隊の練度は低く、サムライたちの勢いに呑まれた部隊はバラバラになり、ガントは落命、オールグレンは勝元らに捕えられる。
オールグレンは彼ら反乱軍=サムライたちの精神世界に魅せられる
勝元の息子である信忠の村での生活を深めるにつれ、オールグレンは村の人々に急速に心を開いていく
訓練と談笑と生活の中でオールグレンは心の中に静けさを取り戻し、サムライの村での生活に神聖なものを感じ
氏尾との剣合わせで、はじめて引き分ける
村の祭りが行われ、ふだんは怖く厳しい村の首領・勝元が道化を演じる舞台を見て皆が笑いあっているスキを狙って、大村が差し向けたとおぼしき間諜が密かに村に近づき、襲撃
オールグレンと勝元・村人は心を一にして間諜と戦い、ついにオールグレンは村人と味方
春を迎えて雪が溶け道が開いた頃、政府に呼び出されて勝元一行は東京へ
疑いと警戒の目で一団の行進を見つめる大村。
一行の中にオールグレンが居ることを見つけて、ほっと笑顔をもらす通訳・写真家・著述家のグレアム。
東京でオールグレンが見たものは、すでに立派に訓練され、軍備も充実した政府軍の姿
街に出たオールグレンは、銃を掲げ不遜な態度で振る舞う軍人が、信忠の剣を奪い、髷を切り落とす場面に出くわす。
、廃刀令にしたがって刀を捨てるよう大村に迫られ
勝元は判断を明治天皇に仰ぐが、天皇は気弱さから目をそむけてしまう。
オールグレンは、大村の不平士族討伐軍の指揮官就任の申し出を断り、日本での職・役割を終わらせアメリカへ帰ろうとする。
が、大村の差し向けた刺客に襲われる。その後、信忠ら村の一軍やグレアムと共に謹慎先の勝元を脱出させる。
勝元一行は村へ帰還できたものの、殿を務めた信忠は警備兵に撃たれ、帰らぬ人となる。
もはや、政府軍と勝元達反乱軍との対決は免れぬものとなった。
意を決したオールグレンは反乱軍の一員として、大村とバグリー大佐率いる政府軍に一矢報いる事を決めた。
反乱軍は兵力を上回り、榴弾砲まで装備した政府軍を相手に勇敢に闘う。
最後の騎馬による突撃でバグリー大佐を討ち取るも、回転式機関銃ガトリング砲により阻止され、オールグレンと勝元を除き反乱軍は全員戦死。
傷ついた勝元は、信頼するオールグレンにとどめを刺すよう頼み、今際の際にオールグレンの背後に咲く桜を見ながら、「すべてパーフェクトだ」という言葉を遺して、こと切れた。
反乱軍はオールグレン一人を残し全滅した。
しかし、この闘いは決して無駄ではなかった。
政府軍の兵士たちは勝元の死に様に涙し、敬意を表し跪いて頭を垂れたのである。
維新以降、失われて久しかった「武士道精神」を、軍人たちが取り戻した瞬間であった。
生き残ったオールグレンは明治天皇に拝謁。そこで勝元の生きざまを語り、遺刀を渡す。それは日本が真に近代国家に生まれ変わるための、勝元からのメッセージであった。

キャスト

ネイサン・オールグレン大尉 – トム・クルーズ
勝元盛次 – 渡辺謙
氏尾 – 真田広之
たか – 小雪
信忠 – 小山田真
サイモン・グレアム – ティモシー・スポール
ゼブロン・ガント軍曹 – ビリー・コノリー
大村松江 – 原田眞人
飛源 – 池松壮亮
明治天皇 – 中村七之助
ベンジャミン・バグリー大佐 – トニー・ゴールドウィン
寡黙なサムライ(ボブ) – 福本清三
中尾 – 菅田俊
孫次郎 – 湊葵
長谷川大将 – 伊川東吾
スワンベック大使 – スコット・ウィルソン
ウィンチェスター宣伝員 – ウィリアム・アザートン
政府軍指揮官 – 二階堂智
侍 – 高良隆志

作品情報

タイトル:ラスト サムライ
原題:THE LAST SAMURAI
製作年度:2003年
上映時間:154分
製作国:アメリカ
ジャンル:ドラマ、アドベンチャー
監督:エドワード・ズウィック
製作総指揮:テッド・フィールド、チャールズ・マルヴェヒル、リチャード・ソロモン、ヴィンセント・ウォード
脚本:ジョン・ローガン、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコヴィッツ
音楽:ハンス・ジマー


アニメ『エロマンガ先生』感想・ネタバレ

アニメ『エロマンガ先生』見ました。
『エロマンガ先生』は伏見つかささんによるライトノベルで、単行本は9巻が発刊されています。

アニメ『エロマンガ先生』作品情報

あらすじ

高校生兼ラノベ作家の和泉正宗には、引きこもりの妹がいる。和泉紗霧。一年前に妹になった彼女は、全く部屋から出てこない。
そんなある日、衝撃の事実が正宗を襲う。彼の小説のイラストを描いてくれているイラストレーター『エロマンガ先生』、その正体が、なんと妹の紗霧だったのだ!
一つ屋根の下でずっと引きこもっている可愛い妹が、いかがわしいPNで、えっちなイラストを描いていたなんて!?
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』をしのぐ魅力的なキャラクターが多数登場!
ライトノベル作家の兄と、イラストレーターの妹が織り成す、業界ドタバタコメディ!

 

アニメ『エロマンガ先生』登場人物

和泉 正宗(いずみ まさむね)

声-松岡禎丞

物語の主人公。高校1年生で和泉マサムネ名義でラノベを書いている兼業作家。父親が再婚して義母の連れ子だった紗霧(さぎり)と兄妹になる。

和泉 紗霧(いずみ さぎり)

声- 藤田茜

政宗の義理の妹。イラストレータ。エロマンガ先生名義で政宗の著書『転生の銀狼』にイラストを書いている。自身がエロマンガ先生ということは秘密にしている。

山田 エルフ(やまだ エルフ)

声-高橋未奈美

和泉家の隣に引っ越してきた超人気作家。エッチな作風が得意で、エロマンガ先生(紗霧)にイラストを依頼しようとしている。

千寿 ムラマサ(せんじゅ ムラマサ)

声-大西沙織

正宗より一つ年下の先輩作家。政宗の小説の大ファン。今まで小説を面白いと思ったことがなかったため、それなら自分で書こうと思い作家になる。

神野 めぐみ(じんの めぐみ)

声-木戸衣吹

紗霧のクラスメイト。
人間関係を構築することに生きがいを感じている。紗霧を学校に来るように説得するが、毎回失敗する。

高砂 智恵(たかさご ともえ)

声-石川由依

正宗の同級生。実家が「たかさご書店」を経営している。千寿ムラマサの大ファンで、そもそもラノベ好き。

アニメ『エロマンガ先生』見どころ

アニメ『エロマンガ先生』の見どころは可愛い女子キャラだと思います。
まずは和泉 紗霧ちゃん。
紗霧ちゃんはエロイラストレーターです。
兄の正宗のラノベのイラストをエロマンガ先生として担当しています。
紗霧ちゃんは自分が見たものしか描けないので、巨乳の女子などはその子に巨乳を見せてもらわないと描けないのでお願いしたりしています。
山田エルフは正宗の隣に引っ越してきた人気作家です。
エルフの作品の得意ジャンルはライトファンタジーとエッチなラブコメディです。
正宗のことが好きで、よくアプローチをしています。
兄は自分の編集者です。
千寿ムラマサは正宗の先輩作家です。
本名は梅園花といいます。
プロデビュー前のWeb作家時代から正宗の大ファンでした。
正宗の『世界で一番可愛い妹』の執筆が決まった時はそれを阻止する為に正宗と対決します。

●関連リンク

http://eromanga-sensei.com/

http://dengekibunko.jp/title/eromanga/


映画『プラダを着た悪魔』あらすじ・作品情報

あらすじ

名門ブラウン大学を卒業し、ジャーナリストを目指すために田舎からニューヨークへとやってきたアンドレア・サックスは、仕事・ファッション雑誌『ランウェイ』の編集部へと就職
編集長でファッション業界に対し絶大な影響力を誇る、ミランダ・プリーストリーのアシスタント職
ミランダは自分の身の回りの世話をアシスタントに押し付ける
横暴を発揮する最悪の上司
今までに何人もがこの仕事を辞めていた
彼女本来の目的である文芸誌での仕事への足がかりとして、彼女の悪魔のような要求に耐えていく。

登場人物

ミランダ・プリーストリー/演:メリル・ストリープ

アンドレア・サックス/演:アン・ハサウェイ

エミリー・チャールトン/演:エミリー・ブラント

ナイジェル/演:スタンリー・トゥッチ

ネイト/演:エイドリアン・グレニアー

クリスチャン・トンプソン/演:サイモン・ベイカー

リリー/演:トレイシー・トムズ

ダグ/演:リッチ・ソマー

作品情報

タイトル:プラダを着た悪魔

原題:THE DEVIL WEARS PRADA

製作年度:2006年

上映時間:110分

製作国:アメリカ

ジャンル:コメディ、ドラマ、ロマンス

監督:デヴィッド・フランケル

製作総指揮:ジョセフ・M・カラッシオロ・Jr、カーラ・ハッケン、カレン・ローゼンフェルト

原作:ローレン・ワイズバーガー

脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ

音楽:セオドア・シャピロ