映画『トゥモローワールド』あらすじ、作品情報

あらすじ

西暦2027年11月。
出産の能力が失われ、18年間にわたって全く子供が生まれない。
世界各国が内戦やテロによって壊滅
英国は軍事力で徹底的に抑圧することにより、秩序を維持
英国には世界中から大量の不法移民が押し寄せ
セオは出勤途中に反政府グループ「フィッシュ」に拉致される。
首謀者はかつての妻ジュリアン。
要求は、ある不法滞在者の「通行証」を手に入れること
検問所を突破するためジュリアンと共に乗り込んだ乗用車で、セオが引き合わされた不法滞在者は若い黒人女性のキーだった。
セオたちの車は暴徒の襲撃に遭い、ジュリアンが撃たれてる。
彼女は子供を身ごもっており、間もなく出産を迎える
ルークがキーの子を政治利用するためにジュリアンを殺したことを知ったセオは、キーを連れて命がけの逃避行を開始
フィッシュがキーを取り戻すために侵入したことで、軍隊と激しい戦闘
セオは辛うじてキーと赤ん坊をボートに乗せて、彼女らを引き取ることになっている「ヒューマン・プロジェクト」との待ち合わせ場所まで漕ぎ付ける。

参照:トゥモロー・ワールドWiki

登場人物

セオ・ファロン – クライヴ・オーウェン
ジュリアン・テイラー – ジュリアン・ムーア
ジャスパー・パルマー – マイケル・ケイン
ルーク – キウェテル・イジョフォー
キー – クレア=ホープ・アシティー
ミリアム – パム・フェリス
ナイジェル – ダニー・ヒューストン
パトリック – チャーリー・ハナム
シド – ピーター・マラン

作品情報

タイトル:トゥモロー・ワールド
原題:CHILDREN OF MEN
製作年度:2006年
上映時間:109分
製作国:アメリカ,イギリス
ジャンル:SF
サスペンス
ドラマ
監督:アルフォンソ・キュアロン
製作総指揮:アーミアン・バーンスタイン
トーマス・A・ブリス
原作:P・D・ジェームズ
脚本:アルフォンソ・キュアロン
ティモシー・J・セクストン
音楽:ジョン・タヴナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする