アニメ『攻殻機動隊』あらすじ・各話紹介

あらすじ

西暦2030年、電脳化が一般化され情報ネットワークが高度化する中で、光や電子として駆け巡る意思を一方向に集中させたとしても、「孤人」が複合体としての「個」となるまでには情報化されていない時代。複雑化する犯罪に対抗するため、内務省直属の独立防諜部隊として設立された「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)の活躍を描く。サイバー犯罪の捜査やテロリズムの抑止・検挙、要人警護、汚職摘発など極秘裏な任務は多岐にわたるが、遂行していくうちにある一つの事件が浮かび上がっていく。

参照:AB夫(えびお)のシコウサクゴ

登場人物

草薙素子

声-田中敦子

幼少の頃に、脳と脊髄の一部を除く全身を義体化している。公安9課の実質的なリーダー。過去に軍に所属していた経歴から、課員からは「少佐」と呼ばれている。

荒巻大輔

声-阪脩

公安9課の部長。以前は陸上自衛隊情報部に所属。広い人脈と政治力を駆使して素子達をバックアップする。

バトー

声-大塚明夫

元自衛隊員。両目の義眼が特徴。体の大半を義体化している。

トグサ

声-山寺宏一

草薙に本庁から引き抜かれ公安9課に入る。義体化をそれほど(ほとんど?)していない。

イシカワ

声-仲野裕

電脳戦や情報収集を得意とする。

サイトー

声-大川透

狙撃のプロフェッショナル。左目が義眼。

パズ

声-小野塚貴志

無口でクールな愛煙家。

ボーマ

声-山口太郎

外見とは裏腹に電脳戦を得意とする。バトー同様、両目が義眼。

各話紹介

1 公安9課 SECTION-9
2 暴走の証明 TESTATION
3 ささやかな反乱 ANDROID AND I
4 視覚素子は笑う INTERCEPTER
5 マネキドリは謡う DECOY
6 模倣者は踊る MEME
7 偶像崇拝 IDOLATER
8 恵まれし者たち MISSING HEARTS
9 ネットの闇に棲む男 CHAT! CHAT! CHAT!
0 密林航路にうってつけの日 JUNGLE CRUISE
11 亜成虫の森で PORTRAITZ
12 タチコマの家出 映画監督の夢 ESCAPE FROM
13 ≠テロリスト NOT EQUAL
14 全自動資本主義 \?$
15 機械たちの時間 MACHINES DESIRANTES
16 心の隙間 Ag2O
17 未完成ラブロマンスの真相 ANGELS’ SHARE
18 暗殺の二重奏 LOST HERITAGE
19 偽装網に抱かれて CAPTIVATED
20 消された薬 RE-VIEW
21 置き去りの軌跡 ERASER
22 疑獄 SCANDAL
23 善悪の彼岸 EQUINOX
24 孤城落日 ANNIHILATION
25 硝煙弾雨 BARRAGE
26 公安9課、再び STAND ALONE COMPLEX

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする